Relife—シンプリストHaoの好きなものに囲まれた暮らし

自分をスキでいるために、イヤなことはやめました。インテリア・収納をはじめ、ファッション、フリーランスという働き方など、ライフスタイル全般について綴っています。

一目惚れ買いはアリ?素敵すぎるものに出会う前にしておきたいこと

こんにちは。Haoです。
先日、ふとInstagramのストーリーズを見ていたら、心を惹かれるApple Watchバンドに出会ってしまいました。

そして1時間後、ポチッと購入。「一目惚れ買い」です。

本日は、一目惚れしちゃうほど好きなものに出会ったときに、迷うことなく購入の判断ができるように決めているルールをご紹介します。

ちなみにこちらがそのApple Watchバンド。「ベージュ&ゴールド」カラーをお迎えしました。予約販売なので届くのが少し先になりますが、また届いたらレポしますね。

一目惚れって本当に大丈夫?すぐ飽きちゃったりしないの?

以前は一目惚れして買っても、すぐに飽きちゃうのではないか?と警戒して、一定の期間寝かせて、それでも欲しければ買うというルールを設けていました。この方法は無駄なものを買わないための方法としてよくオススメされてますよね。自分の気持ちを確かめるには有効な手段だと思います。

ただ一方で、好きなものに囲まれた暮らしを始めてから「好きセンサー」の感度が格段に良くなったとも感じています。以前よりも、はっきりと自分の「好き」という気持ちが分かるようになったのです。実際に心を一瞬にして奪われてしまうような出会いはそう多くはないのと、自分のときめきを尊重したいなと思い、思い切って「一目惚れ買い」にOKを出しました。今の自分なら大丈夫だろうと直感で思えたからです。

ただし、買う予定はないのに商品を見ているうちに欲しくなって買ってしまう「衝動買い」にはならないように注意が必要です。具体的な予定こそないものの、事前にしっかりと「計画」した上で、決め手となる最終的な決断を「一目惚れ」に委ねるという買い方がベストだと考えています。

「一目惚れ買い」で失敗しないためのルール

1:自由に使える予算内であること

私はフリーランスで月々の収入にばらつきが大きいこともあり、前年の所得をもとに予算を立てて生活しています。つまり、前の年に稼いだお金を次の年に使って生活している、というイメージです。

被服費として割り当てた予算の中に「一目惚れ費」という項目を設けていて、これはまさに今回のように突発的に好きすぎるものと出会った時に使います。予備費みたいなものですが、あらかじめ一目惚れするものに出会えた時のことを考えて予算の一部として計上しておくことで、金銭面で迷うことなく購入できるようしています。

この「一目惚れ費」の残高の範囲内であれば、迷わず買ってOKということにしています。
(手が届く値段ではあるものの、割高だな〜っと悩んでしまうのであれば、それは一目惚れではないのかも…。)

もし「一目惚れ費」として確保している以上のお金が必要になる場合は、諦めるか、一旦作戦を考えます。(翌年まで待つ、メルカリやポイ活で臨時収入を作るetc.)

いくら一目惚れするくらい好きなものでも、金銭的に無理をしてしまうと生活全体にしわ寄せがきてしまうからです。

 

2:いつか気に入るものに出会えたらお迎えしたいと考えていたものであること

普段からモノと向き合い、「ビビっときた〇〇に出会えたらお迎えしたいな〜」というものがあればリストアップするようにしています。

Apple Watchバンドもその1つで、実はかれこれ1、2年前から欲しいと思っていたものです。ちょこちょこ色々なショップを覗いてはいたのですが、「これだ!」と思うものにはなかなか出会えずにいました。

ちなみにこちらが現在持っているApple Watchバンド。どれも気に入ってはいますが、コーデのアクセントとなるようなアクセサリー的でオシャレなものが欲しいと思っていたのです。そんなイメージに、今回のバンドはピッタリでした。

このようにいつか欲しいと思っていたものなら、使う機会がなくて…ということにはならないと思います。

ちなみに、今回出会ったのがApple Watch用のバンドではなく、バンドがオシャレな普通の腕時計だったとしたら……どんなに素敵な商品でも私は購入していなかったでしょう。お迎えしたいと考えていたものではないけれど、素敵だからと「衝動買い」してしまうと、使う機会がなくて後で後悔する羽目になるからです。

 

【最終確認】サイズや品質に問題がないこと

これはどんな買い物でも言えることですが、一目惚れでハイテンションになっていると意外とやらかしがちなので、念の為書いておきますね。

せっかく購入しても使えないのでは意味がないので、サイズや対応機種等は購入前にしっかりと確認するようにしています。また、オンラインショップの場合は、レビューにも一通り目を通し、品質的な問題がないかどうかもチェックします(あとは怪しいショップでないかも一応チェック)。

 

これまでに「一目惚れ買い」したもの

2022年に「一目惚れ買い」としてお迎えしたものは他に2つしかありません。私は買い物も好きで、暇があればオンライン含め色々なショップを覗いているほうだと思いますが、そのくらい心惹かれるものに出会うのは難しいと思っています。

1つ目は、1月に購入したobject. ioのショルダーストラップ付きiPhoneケース&カードケース。

ショルダーストラップ付MagSafe対応iPhoneケース - ブラック - セットobjcts.io

 

2つ目は、5月に購入したAndemiuのラフィアミニトートです。

今振り返ってみると、どちらもアイテムも1点加えるだけでコーデが引き締まるような洗練されたデザインが特徴で、どうやらそのようなモノに強く惹かれるようです。今回のApple Watch用バンドも同じような特徴があります。

ちなみに、どちらも傷んでしまったら同じものをリピートしようと思っているくらい、時間が少し経った今でもお気に入りです。

 

--------------------------------


モノに出会ってから必要かそうでないかを考えるのではなく、あらかじめ欲しいものを考えて予算も確保しておく。そうすることで、「一目惚れ」に決定権を持たせることができ、より自分の気持ちを尊重しながら暮らしていけると感じています。